スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬の寒い夜は熱い肉棒を咥えて沙織も変態さんもポッカポカ

娼婦のお仕事

12月も半ばになってきて寒さが厳しくなってきたけれど、みなさん体調とか崩してないかしら?

沙織はしばらく体調が良く無かったけれど、最近回復してきて活動再開

ネットで募集をかけて、集まってきた男性を気持ち良くさせるのが淫乱女装娼婦の活動よ

来てくれたのは若い男の子

沙織の大好物

公園で待つ沙織を遠くから眺める男性

だいたいみんな、チラチラ見ながら一度通り過ぎるのよね

そんで、戻ってきて「沙織さんですか?」って声をかけてくれる

男性の性欲処理のために寒空の下待ち尽くし、飢えた男から声をかけてもらう瞬間は娼婦として堪らないわ

少しだけおしゃべりした後、すぐに肉棒を出す性欲の塊みたいな男の子

「おちんちん、もうおっきくなってるよ?」

 

「すいません興奮しちゃって」

とっても寒いのに縮み上がることなくいきり立つ勃起ペニス

舌先でチロチロと舐めるとピクピク反応して可愛い

根元までズッポリと咥える

寒い中、身体が冷えちゃったから熱い肉棒は暖を取るのにちょうどいいわね

「んっんっ」

 

ローション代わりの唾液をたっぷりと出して唇を窄めねがらピストンする

「さすが、気持ちいいです」

淫乱娼婦としてはありがいたいお言葉ね

おちんちんの気持ちいいところは身をもって知ってるわ

男性の股間の間にうずくまり、ペニスを咥えながら快楽に蕩ける男の顔を見上げる

沙織の好きな瞬間

沙織で満足してくれてる

ジュポジュポジュポジュポ

ノーハンドでのバキュームフェラ

 

手コキを混ぜながら徐々に高まる

「あぁ、沙織さん、出ます」

沙織の口内でドクドクと脈打つペニス

放心する男

なんとも言えない達成感

寒い中頑張ってエロい恰好で待った甲斐があったわ

「またお願いします」

そう言い残して男はそそくさと去っていく

射精による満足感と恥ずかしさと罪悪感が入り混じった感情

沙織も男だからわかるわ

「またね」

そう言って次の遊び場へ移動する

沙織の夜遊びはまだまだこれからよ

 

Pocket

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました