沙織みたいに淫乱になりたいなら・・・こ・ち・ら♡

女装娘が淫らな露出遊びで痴漢を誘い男の欲情に満足する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
今なら沙織も大好きな伝説のリモバイ動画がセール

 女装娘が淫らな露出遊びで痴漢を誘い男の欲情に満足

女装して色々な遊びをしてきたけれど、女として痴漢されてみたい・・・」

私、女装してるときのの名前は美咲っていうんだけど、美咲は最近ずっとこんなことを考えているの
だって、痴漢されて男の欲望の捌け口にされるって感じがとっても興奮しない?

男の時は、当然痴漢なんてしたことも無いし、明らかに誘っているような女性がいても、声をかけたことも無いし・・・ そんな勇気が無いんだけれど

女の子の服を着て、お化粧して

自分のことを美咲って言うと、それはもういままでの私じゃないの

20代前半の遊び盛りの元気な女の子
ちょっとHで、性に興味深々
男をたぶらかすのが好きだけれど、無茶苦茶にされたいって思うようなMっ気のある女の子

男性とお食事したことも、公園でイチャイチャしたことも、車内でしたこともあるけれど・・・
まだ痴漢は未経験

そして、いよいよ美咲の初体験がやってきたの

痴漢されるために自分で準備する悦び

この日は金曜日

多くの人は仕事が終わったら遊びに行く華の金曜日よ

美咲はすぐに家に帰って、女装の準備

服は前から決めてたワンピース

紺の落ち着いた色だけど、膝上のミニスカート丈で太ももも半分くらいは見えてるかも

タイトな作りでボディラインをしっかりと強調する服だから、セクシー系ね

胸にはパットを入れてブラジャーを着けて・・・
パンティは・・・

ノーパンも迷ったけれど、初めてだからTバック
タイトスカートにはやっぱりTバックがマナーじゃないかしら

上半身はノースリーブのワンピースだから、ジャケットを羽織ってコーデは完成
若い女の子の派手なオフィスウェアにも見えなく無いけれど、どっちかと言うとガールズバーとかキャバクラとかで働くお水の女って感じかしら?

これからデートって感じにも見えるけど、どっちにしろ男性の視線は結構集めちゃいそう
たっぷり視姦してもらいたいな

お化粧はあまり得意じゃないけれど、派手な感じをイメージしてやってみたよ
ウィッグも茶髪ロングでふんわりパーマがかかった感じ

大して荷物が入らない小さな鞄に携帯電話と小銭入れ、それから化粧ポーチを入れて、最後に物足りなくなった時のためのアナルバイブとイチジク浣腸を入れたら準備OK

高すぎないけれど、細いピンヒールの華奢な靴を履いたらそのまま駅に向かうわ

準備には1時間以上かかってるけど、今日は全部痴漢してもらうため

痴漢される準備を自分でするなんて・・・
そう考えただけで興奮しちゃう

 電車に乗るとさっそく・・・

新宿に向かう西武線

終点の西武新宿駅は歌舞伎町の目の前

金曜日とは言え平日だし、日も暮れたこんな時間から新宿に行く上り電車は空いているから痴漢はいないかな?

そう、本番は新宿からの下り電車
ちょうど帰宅の通勤ラッシュだから・・・ぎゅうぎゅうで身体を密着させないといけないんじゃないかな

西武新宿駅まであと少し

さすがに、人も増えてきたんだけれど、それよりも派手な女性が増えてきた

これから歌舞伎町で夜のお仕事かな?
美咲も働きたいな? 雇ってくれないかな?

そんなことを考えていると終点の西武新宿に到着

そのまま改札には向かわずに、人で溢れている下り線のホームに移動

次の電車の列までかなりの人で溢れていて、これなら痴漢されるかもって期待しちゃう

周りが男性ばかりの列に並んで、電車に乗り込むと早速お尻を触られた感覚が

まさか、もう?

痴漢の愛撫と女装バレと興奮と

乗り込むときにお尻を触られて以降は特に触られはしなかったんだけれど、気のせいだったの?

ちょっとドキドキしちゃった

痴漢される女の子ってもっと恐怖が大きいと思うんだけれど、こんな感情も少しはあるのかな?
ドキドキしちゃうのなんて、変態の美咲だけ?

そんなことを考えていたけれど、とにかく満員電車は大変

美咲はドアとドアの間の一番人が集まる場所に立ってたから、とにかくぎゅうぎゅう
しかも、近くのつり革も無いし、ピンヒールでバランスとるのも難しくて・・・

そういえば、こんな高いヒールで電車に乗るの初めてかも

高田馬場駅に着くと、さらに人が乗ってきて、人波にさらわれるように立ち位置を変えながら押し込まれちゃった

周りはやっぱり男性が多くて、本当に寄りかかってないと倒れちゃいそうな密集具合
ホームには乗るのを諦める人も大勢いるみたい

そんなことを見ていると、電車のドアが閉まった時にお尻を触る感触が

はっきりと掴むっていうよりは、なんか、触れるか触れないかって感じなんだけど、絶対にわざとやってる
それだけはわかる

電車に乗っていても絶対に感じない間隔

「私、触られてる・・・」

そう思うと興奮しちゃう
どうしよう、逃げる? 抵抗する?

そんな思いも頭によぎるけれど、せっかくだからもっと痴漢してもらいたい
美咲のこと、女性として見てくれたのかな?

一度手が離れては電車の揺れに合わせて、またお尻に戻ってくる
それも、今度はもっとはっきりと触るように

そして、とうとうしっかりとお尻を触ってきた

きっと、何しても大丈夫って思われたのかな?
か弱い女性を演じられた喜びと、痴漢されることの恐怖に倒錯的な快感を得る

そして、スカートの中まで侵入してくる手

「あぁ・・・それ以上は・・・」

そして、痴漢の手はとうとう美咲のペニクリを探し当てた

シーメールの国のアリスの冒険2 シーメール・オークション


コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました