沙織みたいに淫乱になりたいなら・・・こ・ち・ら♡

匂いフェチのマゾ豚に臭い責めして逆アナ調教

スポンサーリンク
D&S
スポンサーリンク
ムチムチの女の子を縛って強制アクメ調教

 匂いフェチのマゾ豚に臭い責めして逆アナ調教

「今日で三日目か・・・臭っ」

臭い匂いが大好きな変態マゾ豚のために3日間同じ靴下とパンティを履いてる
M男をいじめるのはいいんだけど、3日も同じ下着と靴下ってのはやっぱり慣れない

自分で自分の靴下の臭いを嗅いだら、とても臭い

でも、それも今夜まで

「ねぇ、これ3日も履いたんだから、きちんと沙織の風味を味わってね」

「はい」

このマゾ豚と遊ぶのはもう4回目
お互いに慣れてきたのもあって、プレイ内容もハードになってきてる

今は、マゾ豚君の車の中であたしが脱いだ靴下(ストッキング)をしゃぶらせている

「おいしい?」

ボディタッチをしながら、たまに乳首やペニスにもタッチして興奮を高めていく

「おいしいです」

「もっと味わって」

そう言ってストッキングを丸めて、口の中に押し込む

「もがっ」

嬉しそう
出汁が取れるまでたっぷり味わってね

マゾ豚のズボンを下ろし、パンツの上から汚いおちんぽをさらけ出す
ちょっと扱くとすぐに大きくなった

「なに興奮してんの? くっさいストッキング咥えて、性的興奮感じてるの?」

「臭いの好きなら、直接味わってみなよ。イッちゃうかな?」

私は足を上げて、マゾ豚の口にパンプスのハイヒールを押し込む
口の中にはストッキングが詰め込まれているから、痛くはないはずだ
ただ、目や他の場所を傷つけないように慎重に・・・

「このパンプスも2年くらい履いてるから、結構匂いきついよ~。どう?」

「ぶ、ふぅ」
当然しゃべれない

「ほんと変態だね。そのまま外出て」

ヒールを口から抜いて、車の外に連れ出す

「もっと美味しいものあげるね」

M男を跪かせた私は、ペニクリから聖水を噴出した

ジャバジャバジャバ

うまくマゾ豚の口を狙うが、当然全部は入りきらず顔にかかり、全身にかかる

「ゴボゴボ、ゴボ」
目をつぶり、少しでも口で女王様の聖水を受けようとするM男
ほんとうに醜い生き物だ

「しっかり飲みなさい」

すべて出し終えてから、M男の口を手でふさぐ

「んむぅ」
ストッキングを押し込められている状態では当然うまく飲めない
それどころか、ストッキングが尿を吸収して、口内にはおしっこの味が広がっていることだろう

「さ、そしたらこれも被って」

M男にパンティを被らせる
さっきのおしっこも少し付着しているし、なにより3日も履き続けていたものだ

パンティを被らせたら、後ろを向かせ車に手を付かせる

「変態な恰好でお尻まで突き出しちゃって・・・そんなにいじめられたいの?」

マゾ豚の汚いアナルにはアナルストッパーが入っている
事前に入れてくるように指示したものだ

そのストッパーを弄ってから抜き取ると、沙織のペニクリの出番
さぁ、しっかり味わいなさい

聖水の香りを味わいながら、屋外逆アナ調教が始まった


コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました